住居に関するエトセトラ

マイホームローンの審査基準

返せる額と借りられる額

マイホームの購入の為、
日夜画策を繰り広げている私。

最近、周りの
「マンション買っちゃった~~」
のも後光がさして見えるわ。

住宅購入という大借金。

そもそも自分はいくら借りられるのか気になってきた。
そして果たして、いくらなら返していけるのか?

実際に借りられる額というのは、
銀行さんや信販会社が決めることだから、
はっきりとは分からない。

でも、住宅ローンの審査基準のひとつで、
返済負担率っていうのがあるらしい。

400万未満だったら年収×30%以下。
400万以上だったら年収×35%以下。

これを借り入れの上限と考えると、
最大でいくら借りれるか大体の計算は出来る。

あとは、自分の信用次第ってところだろうね。
おお、コワッ!

まあ、これが借りられる、と仮定して、
物件探しの参考にもなるだろう。

次は、一体自分が毎月いくら返していけるか。

家賃超えなければ大丈夫そう・・・
そう考えてたけど、そうとばかりも言えないみたい。

今、カードローンはないのか。
車のローンは?
もしかして学校の奨学金の返済とか残ってない?

それともう一つ。
今まで賃貸で、なんか壊れたら不動産とかに連絡してたのも、
全て自分ですることになる。
これを修繕費用と考えて計上しないといけない。

そう考えると、もしかしたら家賃よりも低い金額で、
毎月の返済って考えたほうがいいんじゃない?

まあでも、ちょっと具体的にマイホーム見えてきた。
住む場所とか、広さとか、
それともちろん価格がいくらくらいなのかとか。

マイホーム購入とか、住宅ローンって深い・・

住宅ローンの審査基準はこちら

 
 

新築か中古マンションをリフォームするか・・・部屋にはこだわりたい

お部屋さがしにこだわる人って多いですよね。
こだわりはじめると、いろんなところが気になってくるもの。

やっぱりいろいろ便利ですから
都市部やその周辺に住みたい、とか
防音をしっかりしてくれないとね、とか、
車とバイクが好きだからそれをゆったり置ける
スペースは必須だ、とか。

個々でこだわりたいところも違ってくるでしょう。

私もいくつかこだわりたい点があるのですが
果たしてピッタリなお部屋は見つかるのでしょうか。

新築で探すと、お値段が張りそうなんだけど…。
と思っていた矢先、知人から
“リノベーション物件”というものをすすめられました。

新築で探してみようかと思っていたので、
リノベーションという言葉に興味を持ちました。
新築マンションVS中古マンション&リフォーム徹底比較

リノベーションとは、少し調べたところによると建物はそのままで内部を改装することです。
ならばリノベーション物件を探すと、どんないいことがあるのか?
なぜ面白いのか?

知人曰く、以下の4つが、いいこと&面白さのポイントとのことでした。

1.新しさ
リニューアルされた建物内部はキレイで、そして何より新しい!
新しく間取りを変更したり、
収納スペースを増やしたりなどの工夫が光るらしいです。

2.機能性とデザイン性
改修の際は専門の方が、新たに住み心地を考えて
リノベーションにあたります。
結果、住みやすくかつオシャレな空間が生まれるのです。

3.価格
既存の建築物を再利用しているので、
新築よりも低価格が実現するそうです。
それは都市部であっても例外ではないとか。

4.土地を宝の持ち腐れにしない
せっかくの良い立地だが建物の型が古くて…という状況を
リノベーションという方法で打開し、有効活用できます。
よって、リノベーション物件は
いい立地のものも多いみたいですね。

なんだか面白そうですよね!
聞いていて、なるほどなぁ、とか、うまくできてるなぁ、
と終始感じてばかりでした。

やっぱりお部屋にはこだわりたいですから
リノベーション物件、さがしてみようと思います!